tvk「クルマでいこう!」公式 トヨタ クラウン 2018/9/9放送(#544)

tvk「クルマでいこう!」公式 トヨタ クラウン 2018/9/9放送(#544)

再生リスト https://www.youtube.com/watch?v=fB5SQGQMPn8&list=PLr4_STTzGB2UX3bfG-tZrA8mrgaaSIuYQ
テレビ神奈川(tvk)「クルマでいこう!」
毎週日曜日よる10時(再放送土曜日午前11時)放送

放送日
2018/9/9(#544)

車種  
トヨタ クラウン 2.0 RS Advance(8AT)

試乗車主要諸元
全長 4910㎜
全幅 1800㎜
全高 1455㎜
車両重量 1730㎏
エンジン L4・DOHC・ターボ
総排気量 1998cc
最高出力 180kW(245PS)/5200-5800rpm
最大トルク 350Nm(35.7㎏m)/1650-4400rpm
最小回転半径 5.5m
燃料消費率 12.4㎞/L(WLTCモード)
車両本体価格 559万4400円(消費税込み価格)

出演者
トヨタ自動車株式会社
MS製品企画 チーフエンジニア
秋山 晃さん

岡崎五朗の評価

○・・・自分で買ってもいいかも?と思えた初のクラウン
今までのクラウンは、良いクルマだけれども自分事として受け入れられない一面があった。新型はデザインも乗り味も良く、これだったら自分が乗っても良いかもと思った。クルマが魅力的になったのがその理由だと思う。

×・・・3.5Lハイブリッドの洗練度
3.5Lエンジンのマルチステージハイブリッドは速いし燃費も良いが、従来のマジェスタの代替モデルとして考えると、もう少し静粛性やエレガントさが欲しい。そうすればこのモデルの魅力はもっと増すのでは。

藤島知子の評価

○・・・磨きこんだ走り味 カーライフをフォローするネットワーク化
基本骨格の刷新がもたらす乗り味の良さで、意のままに走る心地よさを味わえるクルマにクラウンは進化した。ネットワーク化によるメンテナンス予約など、様々な機能が充実することで、クラウンは高級セダンに新たな価値をもたらした。

×・・・先進感<保守的 煮え切らないインターフェイス
ナビゲーションシステムの操作を、上下二画面の下の画面をタッチすることで行えるのはアイディアとしては良いが保守的な印象も残る。わかりやすさと先進性の両立を追求してほしい。

クラウンカテゴリの最新記事