弁護士依頼を遠慮なくする

弁護士は依頼人の利益のため仕事をして依頼人の許可なく勝手に話し進めることないです。

依頼人と弁護士はあくまで対等な関係で、費用面含め不安要素あればどういったことも納得でいるまで問い合わせていいです。

初回無料で法律相談可能なこともありますが、相談次点で問題解決できると必ずしも依頼へ進まなくても大丈夫。弁護士より適任な専門家居るときに依頼人の利益考えるがゆえに弁護士が以来断ったりすることもあります。

そして、弁護士に相談、依頼するメリットですが、争ってる相手と交渉のための情報収集は法律素人がするには限界あります。

弁護士は正しい法律知識と経験があってより有利に交渉薦められて、依頼に至らなくても法律相談だけりよすることも可能。

相談する機会も受けられれば専門家の客観的、的確なアドバイスもらえたりします。そして弁護士に窓口になっもらうと相手方と直接接触や交渉しないで済みます。自分から言いづらいときも代理人の弁護士を通してなら言えたりするケースがあります。